忍者ブログ
ダライラマやマスコミの語る、チベット情報は嘘と誤りだらけです。 正しい情報を知ってマスコミの印象操作に騙されないようにしましょう。
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    インド外相「チベット問題で中国政府を全面支持。」

    インド外務大臣のクリシュナ氏は、中国外交部の部長(中国外相)と対談しました。
    ※この記事は2012年の記事です。


    そこで以下の発言をしたそうです。



    ・インド政府はチベットは中国の一部だとみなしている。
    ・チベット問題に関しては、中国政府を支持する。
    ・インド国内で、反中国活動をしないようにダライラマ14世に指示している。





    インド外相 チベット問題で中国支援を約束

     
    10.02.2012, 11:50
       中国を訪問中のインドのクリシュナ外相は中国外交部の楊潔篪・外相との会談後、これを総括した声明を表し、そのなかでチベット問題についてふれ、同国はチベットを中国の一部とみなしており、インドにおいて反中国的な活動を認めないことを明らかにした。
       クリシュナ外相は会談でチベットに関するインド政府の立場を明らかにし、中国からの要請があればチベット問題についてインドはあらゆる支援を行う構えだと述べる一方で、「こうした事態が起きない」ことへの期待を表した。これに対し揚外相は、同問題に関するインド政府の支援を高く評価すると答えている。   中国四川省カンゼ チベット族自治州炉霍県で起きた騒乱後、中国政府は声明を表し、国の分断へとしむけられた暴力を許す法治国家はありえないと強硬姿勢を明らかにした。中国はインド領内に亡命するチベット仏教の指導者、ダライ・ラマ14世が騒動の火付け役になったとみなしている。

    拍手[5回]

    PR

    メディアの中国ヒステリーを超えて。

    チベットヒステリー、

    あれはクジラを残虐な日本人から守れ!
    というオーストラリアの右翼と同じ類いだったのでしょうか?

    中国は近い内に崩壊する、
    大陸人は日常的に人間を食べる?
    http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/2661365.stm

    東北大震災で中国人が窃盗しに東北にやって来た?
    沖縄県の知事は中共北京の手先?

    はいはい、素晴らしい真実です。


    チベット自治区は独立しましたか?
    中共中国は崩壊しましたか?
    私は共産主義や左翼が大嫌いですし、中国人にも興味がそもそも有りませんが。

    電通や博報堂関係のメディア、NHK、
    YouTube、Wikipedia、と、

    「日本で出回ってる中国や中国文化に関する情報は、9割は嘘と誇張と美しいプロパガンダ」だと断言できます。

    http://www5.ocn.ne.jp/~siisa/
    (最後の最深部までよく見てね!)


    20年前から左翼台湾独立派の妄言願望や、
    マスコミの願望で「中国は崩壊する!」と煽られてきました。
    いい加減、我が国は「敗戦」と冷戦終了を認めませんか?


    以上、日本が好きな普通の日本人の意見でした。


    http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/2661365.stm


    拍手[2回]

    転載:ダライラマのノーベル平和賞受賞の怪。独裁的なダライラマ。



    http://bismarks1976.blog92.fc2.com/blog-category-2.html


    ダライのノーベル平和賞受賞のスピーチでは非暴力主義に関して以下のように述べている
    私はこの賞を、非暴力の活動をもって変革をめざすという現代的伝統の基礎を築いた人物 、マハトマ・ガンジーへの賛辞としてお受けします。ガンジーの一生は、私に多くを教え励ましてくれるものでした。

     ガンディ氏とダライでは話が非暴力主義の内容に大きな隔たりがあることを説明したい。
     ダライラマの政治闘争の歴史は、ガンディー氏と比較すれば暴力に満ち溢れている。

    1956年の「チベット動乱」において、ダライは「暴力をやめるように」とは指導していない。
    ガンディー氏が”暴力を制止した”非暴力であることに比肩すれば、明らかに非暴力性において程度が低いのは判るだろう。


    1959年の「チベット蜂起」についても、上記と同じように、ダライは暴力行為を諌めた発言はしていない。
    つい最近、フランスメディアの報道で以下のような話が暴露されている



    拍手[6回]

    マスコミの総反中報道の正体。

    中共の体制には問題が多いとは言え、
    日本国内の中国報道は偏向が著しく、中立性に欠けたものが
    多いです。
    特に櫻井よしこ・小林よしのり・石平のような、
    「統一教会言論人」の関与は言うまでも有りません。




    http://nipponempire.at.webry.info/201204/article_1.html


    スーダン紛争は、欧米のキリスト教原理主義勢力の暗躍も有った。

    「広島・長崎の被爆者は短命か?」について

    電通マスコミが中国を叩くネタに使っている「スーダン内戦」だが。
    欧米諸国もキリスト教原理主義勢力に武器を与えていたのに、中国のみが批判されるという偏向報道が続いている。

    欧米は中国のアフリカ進出を警戒している、有色人種国家にかつての植民地を食物にされるのがつまらないからだ。


    リビアを侵略したサルコジのようなNATO帝国主義勢力こそ、これから平和と人道の罪で責められるだろう。
    中国のアフリカ進出により、開発独裁のアフリカ諸国が恩恵を受けていることを無視して、
    やれ「中国政府のせいで人権ガー」と人権屋は騒いでいるのだ。




    拍手[6回]

    転載1

     


    ブログのタイトル・ブログの説明文のある通り、「ダライラマを疑え」がテーマです。
     部屋の管理人たる私(ヤン・フス)は、
    ”「ダライラマという人間」を疑う”のではなく
    世間に存在する”ダライラマ像”に対して真っ向から相克します。



     これから記事で問題提起してゆきますが、決して圧力を受けたり、利害関係からこのようなブログを作ったものではなく、チベットに関する歴史的無知を是正する必要性から立ち上げました。
     
     私は、歴史家として「歴史を教える」ことを生業としています。
     歴史の一面的だけでチベットが論じられていることを明らかにし、中立的立場と情動や扇情的な報道に歪まないブログであろうと思っています。
     従いまして、一面的事実を強烈に伝えるような刺激の強い画像・動画などは一切使用せず、見解に対する反論の余地が少ない、もしくは、反論に対して私自身が反論できうる事実を提示した上で記事を作成することにします。




     

     このサイトの影響で、チベットに関する知識が深まると同時に、妥当性あるチベットの問題認識を導ければ幸いです。




    拍手[2回]


    カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    浅間かごめ
    年齢:
    29
    性別:
    女性
    誕生日:
    1987/07/07
    職業:
    飲食店勤務
    趣味:
    半身浴・マラソン
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    カウンター
    ダライラマを疑え
    http://bismarks1976.blog92.fc2.com/


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]