忍者ブログ
ダライラマやマスコミの語る、チベット情報は嘘と誤りだらけです。 正しい情報を知ってマスコミの印象操作に騙されないようにしましょう。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    (転載)「法王」「最高指導者」という地位は嘘。

    http://self0507.blog52.fc2.com/?mode=m&no=773&cr=8911485204ba3837f27bacbf6705aa2b


    2008/10/17 20:43
    冥王星ですが、ちょっとこの記事が如何に適切さに欠けるのか?という話でもしましょう。
    案外不思議に思わないでスルーしていることを提示してみましょう。

    ①チベット仏教の最高指導者


     「チベット仏教の最高指導者」というのは
    誰が決めたのでしょうか?どうやって決めたのでしょうか?
    誰か分かる人いますか?

    ダライラマを決める方法はありますが、歴史上チベット仏教の最高指導者を語った人はダライラマ以外にはいないでしょう。


    同時にチベットが「国家」の構成要件を満たし、
    チベット亡命政府が政府としての対象になりえるのか?という問題に解答できる人はいますか?


    私は、回答できます。
    「ダライラマはゲルク派の最高指導者で、チベット亡命政府を自称する組織の最高指導者である」という回答はできます。

    実際、ダライ事務所自身もチベット仏教最高指導者とは自称していないので、ご注意を
    実は「最高指導者」という規定はありません。
    では、どうして最高指導者と呼ばれるのか?
    という問題ですが、簡単にいえば「自称」です。


    簡単にいえば、チベット仏教というのは大きく4種類ありますが、ダライラマはゲルク派です
     誤解を恐れる必要性がありますが、現在の中国当局もチベット仏教で問題視しているのは、このゲルク派のみですw





    http://self0507.blog52.fc2.com/?mode=m&no=773&cr=8911485204ba3837f27bacbf6705aa2b


    2008/10/17 20:43

    --------------------------------------------------------------------------------

    チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が31日から11月7日まで8日間、日本を訪問することが17日分かった。ダライ・ラマ法王日本代表部のラクパ・ツォコ代表が明らかにした。当初の予定では11月2日に来日することになっていたが、ニューデリーの病院で行われた胆石除去の切開手術の経過が良好なため、来日予定を早めたという。
     ラクパ代表によると、ダライ・ラマは日本滞在中、超党派の有志議員でつくる「チベット問題を考える議員連盟」(代表・枝野幸男民主党衆院議員)メンバーと会談する予定。昨年11月、民主党の鳩山由紀夫幹事長ら同議連メンバーが訪日中のダライ・ラマと会談し、中国側から抗議を受けており、今回も中国側を刺激するものとみられる。
     今回のダライ・ラマの訪日は、福岡県仏教連合会が設立35周年を記念して招いたもの。11月4日、北九州市のメディアドームで講演を行うほか、6日にも東京都墨田区の両国国技館で講演する。
     また、ラクパ代表はチベット問題をめぐるダライ・ラマの特使と中国側代表による対話について、今月末に北京で開催されるとの見通しを明らかにした。
     北京五輪後では初めての対話となり、公式協議は今回で8回目。前回は今年7月1、2日に北京で開催された。(相馬勝)
     


    冥王星ですが、ちょっとこの記事が如何に適切さに欠けるのか?という話でもしましょう。
    案外不思議に思わないでスルーしていることを提示してみましょう。


    --------------------------------------------------------------------------------



    ①チベット仏教の最高指導者
     「チベット仏教の最高指導者」というのは
    誰が決めたのでしょうか?どうやって決めたのでしょうか?誰か分かる人いますか?ダライラマを決める方法はありますが、歴史上チベット仏教の最高指導者を語った人はダライラマ以外にはいないでしょう。



    同時にチベットが「国家」の構成要件を満たし、
    チベット亡命政府が政府としての対象になりえるのか?
    という問題に解答できる人はいますか?




    私は、回答できます。
    「ダライラマはゲルク派の最高指導者で、チベット亡命政府を自称する組織の最高指導者である」
    という回答はできます。



    実際、ダライ事務所自身もチベット仏教最高指導者とは自称していないので、ご注意を
    実は「最高指導者」という規定はありません。



    では、どうして最高指導者と呼ばれるのか?という問題ですが、簡単にいえば「自称」です。
    簡単にいえば、チベット仏教というのは大きく4種類ありますが、ダライラマはゲルク派です


     誤解を恐れる必要性がありますが、現在の中国当局もチベット仏教で問題視しているのは、このゲルク派のみですw


     中国当局とゲルク派の政治闘争のロビー活動が多くの人が
    チベットの実情と見ているような話です。




    温厚なチベット人もダライラマ亡命政府の権限を認めない部族も存在します。


    チベット民族・チベット人がチベット地域以外にも数多く存在し、ブータンという国では民族多数派を占め、ブータンではチベット民族が多数派になって民族浄化をしている、
    なんてのはブータン政府が認めないし、
    中国当局以上の「報道の自由」の無さでほとんど知られていないだけの話です。



    ブータン難民問題はチベット民族のせいである、とまでいえるだろう。



    参考サイト:国際保険通信 「ブータンの南部問題」でも出る。
    ついでに、ブータンの国教は一般的にはチベット仏教のカギュ派です。





    ブータンではチベット民族が8割ですが、ゲルク派は少ないので、ダライラマを知らない人もかなりいますが、それでもチベット仏教の最高指導者扱いですもんねw





     チベット仏教でも比較的歴史の古いカギュ(カーギャ)は在家仏教ですから僧侶のような服装もしませんし、表立って中国当局と喧騒する必要性もないこともあって、特段闘争情報はありません。
     同時に、まるで中国当局が寺院の復活を認めていないような指摘をするサイトがありますが、


    カギャ派の寺院は数多く復興しております。


    黒帽(シャナク)派 総本山 - ツルプ寺
    赤帽(シャマル)派 総本山 - ヤンパチェン寺
    ツェルパ・カギュ派 総本山 - ツェルグンダン寺
    ディクン・カギュ派 総本山 -ディグンティ寺





    これらの寺院は文化大革命で大弾圧を受けましたが、それぞれ復興に向かっています。
    決して、中国当局はトゥナン寺院だけしか認めていない・・・ではなく、チベット仏教の寺院は復興を遂げています。



    もっとも、ラサを本拠地にするサキャ、ゲルク派の都会派チベット仏教は中国当局の弾圧を受けていますが、
    間違ってもチベット仏教の寺院がトゥナン寺院だけしか認められていないわけではありませんw




    簡単に”ダライラマ=チベット仏教の最高指導者”という表現をしていますが、その実態は
    特定仏教宗派の最高指導者が日本仏教の最高指導者と自称しているだけとも言えます。



    少なくとも、ゲルク派の最高指導者ではありますが・・・・





    ②ニューデリーの病院で行われた胆石除去




     冥王星も胆石を患ったことがあるのだが、一般的に男性高齢者の胆石は、食生活が原因である。
    若年性の胆石は、日本おいては最近、胆石患者が急激に増え始めている。特に高齢者の胆石の所持者が多く、性別で見ると、女性の方が胆石所持の割合が多い。




    原因として女性ホルモンのバランスが崩れることによって、胆石が出来やすいとされている。





    また、糖尿病患者や肥満体質の人にも出来やすいとされる。日本は昔から、穀物や野菜、大豆類を主食としていたため、胆石所持者は少なく、胆石症の人は極少数だった。



    だが、第二次世界大戦後、胆石患者数が大幅に増えはじめ、無症状胆石の人も多くなり始めた。




    その要因として、魚から肉を主体とした食事の欧米化が最大の原因と言われている。アメリカでは元々、日本に比べて、胆石症の患者が多いことで知られている。



    ほかの原因として、アルコールの大量摂取や疲労によるものもある。引用はウィキペディアより
     よく多忙な人は胆石になるというが、あれは血尿になる人の話で、胆石と過労の関係性は医学的には薄いと言われている。




    同時に表現は悪いがチベット仏教にかかわらず、仏教徒は粗食であり、まず胆石になることはない。




    タイ・ミャンマーの破戒僧ならば胆石などは聞いたことがあるが、高僧と呼ばれるレベルの僧侶で胆石とはどういう食生活をしているのだろうか?





    悪意的に解釈すれば、相当なものだが、ダライの年齢からして、胆石の原因は他にもあるかもしれないと好意的に解釈しておこうw
     補足するが、胆石は小さいうちは切開しないですむ。急激に大きくなったのか?医療検査を怠ったのか?よく分からないが、変な話である。
    チベットという地域の最高指導者という人間の健康管理にしても切開するまで放置するとは・・・






    ③「チベット問題を考える議員連盟」(代表・枝野幸男民主党衆院議員)メンバーと会談する予定




    その議連のメンバーがよく分からない上に、ほとんど落選されているようだが・・・・
    牧野聖修・五十嵐文彦・小西理・宇佐美登(落選)
    落選されるのは仕方ないにしても、具体的に何をしてるのかな?と調べたのだが、何かしたわけでもないいわゆる組織だけの部類だったようで・・・




    ④中国側から抗議を受けており、今回も中国側を刺激するものとみられる。


    抗議する中国当局の姿勢も問題だが、
    そもそもダライラマと会って何の話をするのでしょうか?

    話し合った内容さえ不明でダライ事務所も声明を出してるわけでもない秘密協定ですか?
    議連さんは行政ではなく立法の方なのですから、その部分は弁えて行動してください。




    ⑤福岡県仏教連合会が設立35周年を記念して招いたもの

    気軽な方で・・・・・チベット国内の問題は放置してインド亡命して口だけ出す。

    セレブよろしくゲルク派の最高指導者でしかないダライはまるでラマ最高指導者扱い。
    日本の仏教会も権威主義なのでしょうか?w




    ⑥チベット問題をめぐるダライ・ラマの特使と中国側代表による対話について、今月末に北京で開催されるとの見通しを明らかにした。



    いつも思うことですが、ダライラマという人間はいつも外交最前線に立とうとしない人なんですよね?その傾向は、中国当局も列席する場所ではほとんど言えることだったりします。
    実際、中国が会場のケースならば警戒しても仕方ないでしょうが、中国が会場ではなくても、彼は特使を派遣して自分で外交現場に出ない。


    しかし、セレブの法則というか、形式だけの訪問の場所ではダライの足は軽い。
    政治家ではなく僧侶なので仕方ないのでしょうか?w

    拍手[7回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [8]  [10]  [7]  [14]  [3]  [13]  [12]  [9]  [5]  [4]  [2
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    浅間かごめ
    年齢:
    30
    性別:
    女性
    誕生日:
    1987/07/07
    職業:
    飲食店勤務
    趣味:
    半身浴・マラソン
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    カウンター
    ダライラマを疑え
    http://bismarks1976.blog92.fc2.com/


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]