忍者ブログ
ダライラマやマスコミの語る、チベット情報は嘘と誤りだらけです。 正しい情報を知ってマスコミの印象操作に騙されないようにしましょう。
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    法輪功と統一教会の関係。


    法輪功という新興宗教は、中共からの弾圧を誇張して、
    現在は統一教会とつるんでいるようです。


    大紀元新聞は中共に批判的なために、チベット問題の情報ソースとして
    ごくまれに引用するかたも居ますが、
    この大紀元は法輪功の機関紙なので、
    ソースとしては中立性に欠けます。
    写真もコラージュや捏造も多いのです。


    http://fwpjapan.easy-magic.com/user/

    ↑勝共・世界平和連合



    「このままでは日本は滅びる〜共産主義は間違っている〜自由アジアと連帯せよ!」と題し東京議員・有識者救国セミナーが三月七日、東京・新宿の都議会会議室で行われ、約百五十人が参加した。

    国策研究地方議員協議会による主催、自由チベット協議会、日本ウイグル協会、全世界脱党支援センター及び本連合(IFVOC)/世界平和連合(FWP)が協催団体として加わった。


    「『松下圭一先生の不肖の弟子』と公言した菅首相率いる民主党は構造改革派を主流とする共産主義政党」と八木秀次高崎経済大教授が基調講演を行ったほか、共産中国の圧政に苦しむチベットやウイグル、法輪功の関係者が支援と連帯を訴え、
    本連合からも横田浩一事務総長、渡辺芳雄副会長をはじめ会員らが参加した。



    古賀俊昭都議による司会で初めに国歌を斉唱。
    主催者を代表し世話人の土屋敬之都議が挨拶し「今日は共産主義の圧政に苦しむ法輪功やチベット、ウイグルの方々を迎えている。これまでそれぞれ別個に運動を展開してきたが、いずれも根底にあるのは共産主義イデオロギー。自治基本条例では保守も賛成し、
    共産主義への認識不足が甚だしい。


    谷垣自民党総裁は、閣僚の不祥事より、マニフェストにもない夫婦別姓やジェンダーフリーなど革命法案が粛々と進んでいることをなぜ追及しないか」と野党の生温い糾弾を批判した。




    法輪功の主張する死刑に成った信者の臓器売買などは、
    機関紙・大紀元日本や、
    法輪功系メディアの新唐電視台のみが主張してます。


    彼らは、信者一億人を主張してますが自称です。
    客観的な根拠は有りません。
    また世界から注目を集めているという話も嘘です。



    法輪功虐殺で、中共・中国政府が何らかの制裁を受けたとかは無いし、
    全く国際的に話題になってません。


    大紀元は、創価学会の聖教新聞のような機関紙であり、
    中立的なチベット問題の根拠には成りません。
    この事をよく覚えて欲しいです。



    拍手[7回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [10]  [7]  [14]  [3]  [13]  [12]  [9]  [5]  [4]  [2]  [1
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    浅間かごめ
    年齢:
    29
    性別:
    女性
    誕生日:
    1987/07/07
    職業:
    飲食店勤務
    趣味:
    半身浴・マラソン
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    カウンター
    ダライラマを疑え
    http://bismarks1976.blog92.fc2.com/


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]